ニュース
» 2012年09月11日 08時00分 UPDATE

【連載】オンラインとオフラインで考えるリードマネジメント:第2回 「売り上げに直結させる」ためのマーケティングデータ管理

集めたリードは果たして営業が使える形で管理されているだろうか? リードが使われる意味を考えれば、収集段階で行うことは自ずと明らかになる。効率的な管理を前提としたリードの取得方法と管理ノウハウを考える。

[大上宝恵,シャノン]

 マーケティングにおける「データ管理」の重要性が注目され始めたのは、ここ10年来のWebマーケティングの進展と軌を一にしていることは言うまでもありません。特にGoogleが検索サービスを始めてから「検索ワード」を通じて情報を求めるアクションがデータ化されるようになると、SEO対策やリスティング広告などを活用したWebマーケティングが進展し、アクセス解析によりWebマーケティングの成果をある程度測定できるようになりました。しかし、この段階ではアプローチすべき個々の対象が見えているわけではないため、売り上げにつなげるためのマーケティングコミュニケーションを図ることが難しいと言えます。

 アプローチする個々の対象が見え、さらにリードの確度が推測できる「売り上げに直結する」データ管理が、特にBtoB領域では大変重要になってきます。第2回では、どのようなデータをどう取得/管理すべきかについてお伝えします。

売り上げに直結するデータとその活用例

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by