ニュース
» 2014年11月06日 08時00分 UPDATE

【連載】ソーシャルメディアを活用したい中小企業のためのWeb発注力と運用力:第8回 Webサイトのコンテンツは誰のために作るのか?

Webサイトのコンテンツ企画にはオーディエンスがどんな情報を欲しているのかという視点が欠かせない。BtoB企業の場合、Webサイトはリード・ジェネレーション/ナーチャリングの入り口になるからだ。

[石田陽之,サイバーブリッジ]
endo_100.jpgishida_100.jpg 遠藤紗英(左)/株式会社あさひ商事 営業課所属。自社サイトのリニューアルプロジェクトを任されたが、何から手を付けていいのか分からない。石田(右)/通りすがりの人。Webサイトのリニューアルに関して豊富な経験を持つ。

遠藤 いよいよリニューアルが具体的になってきたわ、でも実際にWebサイトの中身をどうやって集めたらいいんだろ。

石田 お呼びですか?

遠藤 いいえ、呼んでないですけど……。

石田 えっ。

遠藤 ちょっと焦ったんじゃないですか? すいません、一度言ってみたかったんです。今日もタイミングよすぎたものだから。

石田 よかった。今、心の声を聞いたんだけど、実際にコンテンツを作るという作業について悩んでいるんだよね。

遠藤 そうなんです。制作会社はコンテンツそのものを作るわけではなくて、やはり自社で訴えたいものをどう作り込んでいって制作会社にお渡しできるかというのが重要だなって。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by