連載
» 2014年10月14日 07時54分 UPDATE

【連載】グローバリゼーションという長い旅 第2回:日本企業が“グローバリゼーションする”上での課題――「戦略の構築」「戦略のアウトプット」「文化の違い」

グローバリゼーションを考える時、日本企業には特有の課題があります。今回は、日本特有の課題の代表例として、「戦略の構築」「戦略のアウトプット」「文化の違い」を紹介します。

[ロバート・ラング,Gengo]

 「第1回 なぜ“グローバリゼーションする”企業が増加したのか」では、“グローバリゼーションする”企業が増加した理由を紹介しました。おさらいをすると……。インターネットが世界中に広まったこと、支払いシステムが進化したこと、そしてデスクトップやモバイルアプリのローカライズプロセスが簡単になったことにより、グローバリゼーションの壁が以前より低くなったと説明しましたね。

 でも、グローバリゼーションを容易にする環境が整ってきているのに、日本企業が足踏みをしている理由って何でしょう? どの国の企業もグローバリゼーションを目指す時に直面する共通課題がありますが、日本企業の場合、日本特有の課題もあります。それがグローバリゼーションを狂わす大本の要因になっていることがあります。

 今回は、日本特有の課題の代表例、「戦略の構築」「戦略のアウトプット」「文化の違い」を紹介します。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading

「ITmedia マーケティング」購読一覧