ニュース
» 2014年08月13日 08時00分 UPDATE

【連載】MARKETING INNOVATORS:マーケティングにもプロセス管理を持ち込めるはず――マルケト 代表取締役社長 福田康隆氏インタビュー(中編)

製造業においては厳密なプロセス管理の導入が普及した日本企業。しかし、マーケティング〜営業工程においては、いまだプロセス管理の手法が根付いているとは言いがたい。マルケト 代表取締役社長 福田康隆氏に現状の課題と解決策を聞いた。

[池田園子,ITmedia マーケティング]

「マーケティングオートメーションには何ができるのか?――マルケト 代表取締役社長 福田康隆氏インタビュー(前編)」ではマーケティングオートメーションの認知度やポテンシャルについて議論した。インタビューの中編となる今回は、まず、企業経営とマーケティングの関係について話を聞いた。


マーケティングに注力するか否かで企業経営の仕方は変わる

―― 日本エスリード社の事例から、マーケティングオートメーションの導入と、企業の競争力の関係をどのように考えているか。

福田 先ほど丸井さんがおっしゃったような課題(マーケティングオートメーションには何ができるのか?――マルケト 代表取締役社長 福田康隆氏インタビュー(前編)参照)が、現場では山積しているのではないかと考える。例えば、中には数年前までパソコンすらなかった会社もある。彼らがツールを使いこなすのに最も欠かせないのは、使いやすさという要素に他ならないだろう。Marketoはセルフサービス型で、ITリテラシーが高くない方でも使いやすく、ドラック&ドロップで簡単に操作できるのをコンセプトの1つにしている。また、多くの企業ではキャンペーンを行ったり、Webサイトの改築をするときに、マーケティング部門/IT部門との間で、常に多数のやりとりが発生する。しかしMarketoを使うことで、部門間の煩雑なやりとりを行う必要なく、マーケティング部門がセルフサービスですばやく業務を進めていけるのが、1つの大きなポイントになってくるだろう。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by