連載
» 2023年12月23日 07時00分 公開

AppleやMetaにも負けないAR 有料サブスクはさらなる成長の期待も――2024年のSNS大予測(Snapchat編)Social Media Today

財務的には一時困難な状況もあったSnapだが、ARグラスや3Dアバター、メッセージングなど、再浮上の可能性は十分にある。

[Andrew HutchinsonSocial Media Today]
Social Media Today

 「Snapchat+」はSnapが提供するショート動画と写真共通SNS動画「Snapchat」の有料サブスクリプションサービスだ。現在500万人以上の有料購読者を抱えている。これはXが提供する「Xプレミアム」やMetaの「Meta認証」を上回る規模であり、これまでのソーシャルメディアで最も成功した有料サブスクリプションサービスとなっている。

Snapchat+はさらにパワーアップする

 Snapは、コアユーザーにアピールする興味深い付加価値要素を提供することで成功を収めている。そして、その成功により全く新しい収益源を構築している。そのため、Snapは今後さらにここに注力することになると私は予想する。

 本当のところ、Snapchat+に追加された機能のほとんどは、開発的にはかなり軽量なものだった。しかし、Snapchatがここで持っている利点は、視聴者を理解し、Snapユーザーが試したくなるような機能を継続的に追加できていることだ。

 Snapの開発においてSnapchat+がより重視されるようになるにつれ、Snapの新機能はまずSnapchat+を通じて提供されるようになるだろう。これには、Snapがすでにアプリに組み込んでいる新しい生成AIツールも含まれる可能性がある。

DM広告商品

 より多くのソーシャルメディアエンゲージメントがメッセージングに移行している。その結果、全てのアプリがDM機能を強調している。のみならず、DMを収益化する新しい方法を見つけ、ブランドがこれを利用できるようにしようとしている。

 SnapのDMは基本的な接続要素だが、それ故に収益化が難しい。しかし、新たな収益機会を模索する中で、Snapはアプリ内でユーザーと企業を直接結びつける新しい広告オプションを実験することになるだろう。

 例えば、Metaは「メッセージ誘導広告」で強力な成果を上げているが、Snapも同様のオプションを見つけようとしている。

 Snapの受信箱は、エンゲージメントと共鳴の点で最も価値のある一等地であり、広告主にとって有望なチャネルとなる可能性がある。

 ここでSnapが何を出してくるかは、注目に値する。

ARグラス

 市場の低迷や広告業界の変化などの影響により、Snapはコスト圧力にさらされている。しかし、ARグラスは業界のリーダーシップを維持して次の段階でAppleやMetaと競争するため、Snapの切り札として残っている。

 過去10年間におけるARのトレンドはほぼ全てSnapに由来するものだ。Snapは自ら構築したポジションを維持するために、おそらく独自のARグラスを市場に投入する必要があるのだ。

 Snapは、独自のカメラ搭載サングラスを発売した最初のソーシャルアプリだった。しかし、「Spectacles」と名付けられたこの製品への関心は時間とともに薄れており、一方でMetaがより高度な「Ray-Ban Stories」を推進しているため、今後も勝ち目はなさそうだ。

 そうした中、Snapは実際に自社製のARグラスを発売できるのだろうか。

 Snapは1年以上にわたってクリエイターと一緒にARグラスをテストしてきた。それはまだ少し不格好に見える(外部リンク/英語)が、Snapは近いうちに完全なAR対応バージョンをリリースすることを示唆している。

 Snapはこの市場で実際にAppleとMetaを打ち負かすことができるだろうか。

 私の予測では、Snapは2024年にAR対応Spectaclesの初期バージョンをよりニッチな市場向けに、かなり小規模にリリースするだろう。しかし、それはこの分野の大きな競合を打ち負かすものになるはずだ。

Bitmojiキャラクター開発

 Bitmojiのキャラクターは大人気だが、それ以上に、特にメタが期待するようなメタバースが実現すれば、これはSnapにとって次の段階への重要な入り口になる可能性もある。

 人々はすでに自分たち自身がデジタル描写されることに慣れている。これは、SnapがBitmojiキャラクターをこの新しい体験に移植することで、Snap自体をメタバース体験に融合させることができることを意味する。

 そのため、Snapは3D Bitmojiキャラクターをより洗練されたものにすべく開発を続け、製品紹介やコミュニケーション、そして最終的にはゲームやソーシャル環境などでユーザーを表現するなど、より多くの方法で使用することを視野に入れている。

 メタバースが普及するか否か、Bitmoji自体が人気を維持できるか否かは賭けだ。しかし、SnapがBitmojiアイテムのブランドスポンサーシップを追加し続けている間は、悪くない賭けでと言えるかもしれない。

買収のターゲットになる可能性は?

 これはほとんど推測の域を出ず、直感以外の裏付けはないのだが、私はSnapが買収のターゲットになる可能性は残されていると考えている。同社は厳しい財務状況にあり、1年を通して何百人もの人員削減を行っているのだから。

 もしSnapがこのまま広告ビジネスを軌道に乗せるのに苦労し続けるならば、さまざまな潜在的な求婚者が待ち構えていることだろう。

 Appleは過去にさまざまなARプロジェクトでSnapと協力したが、今では独自のARグラスを開発している。一方、Microsoftは最近、新しい分野に手を広げている。

 Metaも、SnapのARの専門知識を次世代のARグラスに有効活用できるはずだ。別のプラットフォームを所有することで、ソーシャルメディア帝国は一層大幅に拡大する可能性がある(規制当局がその提携関係に理解を示すかどうかは分からないが)。

 Snapは2024年に成長に戻ると予測しており、CEOのエヴァン・シュピーゲル氏は楽観的な発言をしている。 しかし、彼は4人目の息子の誕生も控えていることだし、もう少しストレスを減らして、自由な時間を過ごしてもいいだろう。

 もしかしたら、Snapは2024年にソーシャルメディアの勢力図を大きく塗り替えるような存在になるかもしれない。

 繰り返しになるが、これは推測だ。 しかし、何かが起こりそうではある。Snapはここ数年間の困難を乗り越え、将来に対して新たな展望を開きつつあるような気がしている。


 ソーシャルメディアの世界では物事は常に変化しており、次に何が起こるかを正確に予測することは困難だ。 しかし、これまで紹介してきたのは、各プラットフォームが2024年に何をするかについての私の精一杯の推測であり、次の段階を計画するのに役立つだろう。

© Industry Dive. All rights reserved.

インフォメーション