ニュース
» 2014年06月25日 08時00分 UPDATE

【連載】MARKETING INNOVATORS:広告に「学び」と「喜び」を ―― ピンタレスト・ジャパン 代表取締役社長 定国直樹氏(前編)

自分の気に入った画像を「ボード」と呼ばれる画面に「ピン」で留めていく。そんなシンプルなサービスが全世界でユーザー数を伸ばし続けている。ピンタレスト・ジャパン 代表取締役社長 定国直樹氏に、ピンタレストが持つマーケティングの効果と日本でのビジネス展開について聞いた。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 2010年3月に米国でサービスをリリース、当初はアカウント招待制ながらもそこから2年未満で世界1100万ユーザーを突破した画像投稿共有サイト「Pinterest(ピンタレスト)」。FacebookやTwitterのように日々近況をアップするのでもなく、LINEのようにコミュニケーションを促進するのでもない。ただ、自分の気に入った画像を「ボード」と呼ばれる画面に「ピン」で留めていくだけ。だがこのピンタレストは、企業マーケティングの起爆剤として大きな可能性を持っている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by