ニュース
» 2014年07月25日 07時58分 UPDATE

「モバイル検索広告〜ワールドレポート」(マリンソフト):検索広告市場の構造変化――モバイル端末のクリックが全検索広告の50%に

モバイル端末の急速な普及は、企業に対し、検索広告市場に対する戦略の転換を迫る。検索広告市場の主役は、PCからモバイル端末に変わりつつあるのだ。

[ITmedia マーケティング]

 マリンソフトは7月22日、「モバイル検索広告〜ワールドレポート」(2014年度版)を発表した。同社によると、今回の調査で明らかになったのは次の3点であるという。

1. 消費者への浸透

 モバイル市場が現在のペースで成長し続ければ、2015年末にはモバイル端末からのクリックが検索広告の全クリックの50%を占めるようになる。

2. 競争の激化

 2013年、モバイル端末向けのクリック当たりコスト(CPC)はPC向けを上回るペースで上昇した。地域によっては、タブレットのCPCがデスクトップPCより高くなった。

3. パフォーマンスの改善

 2013年は、通販などモバイルを使った買い物が消費者に広く浸透し、1年を通してタブレットとスマートフォンでのコンバージョン率が上昇し続けた。特に米国では、タブレットのコンバージョン率がPCを上回った。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by

「ITmedia マーケティング」購読一覧