調査リポート
» 2020年06月04日 14時00分 公開

今日のリサーチ:マーケティング担当者に聞いた動画活用に関する意識調査――GMOプレイアドとGMOリサーチ

動画広告への期待度と課題について、企業のマーケティング担当者に聞いています。【訂正】

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

GMOインターネット | 動画 | 動画広告 | 調査


 GMOインターネットグループで動画のマーケティングに特化した事業を展開するGMOプレイアドとインターネットリサーチ事業を展開するGMOリサーチは、企業のマーケティング担当者を対象に、動画活用に関する意識調査を共同で実施しました。

 GMOリサーチが運営するアンケートサイト「infoQ byGMO」と提携サイトのアンケート会員5638人から抽出したマーケティング担当者1095人に対してプロモーション活動におけるインターネット広告の今後について尋ねたところ、「重要性が増す」という回答が56.0%を占めました。さらにそのうちの78.3%が、特に重要な広告の種別を「動画広告」としています。

【訂正:2020年6月4日20時50分 GMOインターネットが2020年6月4日にプレスリリースを更新し、調査対象人数の記載を訂正したため、記事内容も修正しました】

動画広告の課題は効果測定

 動画広告の実施における課題とは何でしょうか。今回最も多かったのが「視聴者が受けた印象について明確に知る術がない」(34.2%)で、次に多いのが「視聴者が持った理解度を明確に知る術がない」(30.2%)でした。

 圧倒的な情報量と豊な表現力を持つ動画は非常にパワフルです。ユーザーの行動を可視化するデジタルならではの強みを生かすことで、より効果的な広告手法として洗練されていくことが期待されます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.