ニュース
» 2015年02月12日 08時00分 公開

パブリックリレーションズの「ズ」が重要【連載】インターネット時代の企業PR 第29回(2/2 ページ)

[細川一成,電通パブリックリレーションズ]
前のページへ 1|2       

「言う」ためではなく「伝える」ため

 PRを含む企業のコミュニケーションでは、往々にしてメッセージ発信が一方向的になりがちです。

 対象がそのメッセージをどういう状態で、どういう印象をもって受信するかをあまり深刻に考えず、メッセージの表現や分量の多さだけにこだわり、「これだけ一生懸命発信してるんだから伝わるはず」というような気持ちでメッセージを発信してしまいがちです。

 確かに、メッセージの表現を研ぎ澄まし、伝えたい内容を多く盛り込み、言いたいことをあますところなく発信することは、あるケースにおいては重要なことですし、特に広告では欠かすことのできない考え方です。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.