調査リポート
» 2018年04月12日 09時00分 公開

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):郵便物とLINE、きちんと確認されているのはどっち?──トッパン・フォームズ調査

トッパン・フォームズは、郵便物やメール、LINEなどで送られる企業からの通知における生活者の確認度合いを調査しました。

[小笠原由依,ITmedia マーケティング]

 トッパン・フォームズは、郵便物やメール、SMS(ショートメッセージサービス)、LINE、その他アプリにおいて、企業からの情報を受信した生活者がどの程度中身を確認しているのか、確認度合いを把握するためにアンケート調査を実施しました。

 生活者の居住形態やライフスタイルの変化によって、郵便物やメールなどの通知を受け取る環境が以前とは異なってきています。近年、マーケティングオートメーション(MA)をはじめとする技術の進化により、見込み客あるいはターゲットとする生活者に情報を届けるタイミング設計が緻密に行えるようになりましたが、本当のところ送り手の意図したタイミングで情報が到達しているのでしょうか。

集合住宅では2割の人が「郵便受けを毎日確認しない」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading