ニュース
» 2012年09月07日 11時00分 UPDATE

マーケティングに生かせる最新テクノロジー:NFC、AR、音声認識など新技術を活用したプロモーション事例7選

オンラインでのマーケティング施策からリアルなアクションを喚起するO2O(Online to Offline)。NFCやジオフェンシングなどO2Oを実現する7種類の最新技術をまとめた。

[ソーシャルメディアマーケティングラボ]
ソーシャルメディアマーケティングラボ(Social Media Marketing Lab.)

 こんにちは、SMMLabの藤田です。O2Oはこれまで、「オンライン上での流入アクセスを、リアル店舗への誘導に活用する」という意味合いで語られることが多かったのですが、常時携帯デバイスであるスマートフォンの普及により、オンライン上の情報収集から実際のアクションまでの時間が大幅に短縮され、オンラインとオフラインを行き来するようなO2O2Oといった動線を辿るユーザーも多くなってきました。また、O2Oに限らず、ユーザー行動の変化を加速させる、新しい可能性を持った新技術が続々と登場しています。今日は、スマートフォンをキーアイテムに、ネットとリアルを新しい形でつなぐ新技術を活用した、国内のプロモーション事例を7つご紹介します。

Bluetooth(R) Low Energy規格(BLE規格)無線通信

商品陳列用フックとディスプレイを連携させた次世代販売促進システム「Dラボフック」

 大広、チームラボ、ユカイ工学の3社が合同で開発した「Dラボフック」は、商品の陳列棚に設置された商品陳列用フックとディスプレイを連携させた販売促進システムです。什器から商品を手に取るとセンサーが作動し、ショップ内に設置したディスプレイにその用品に関連した付加情報(デザインコンセプト、機能、素材、コーディネート例)などが表示され、購入の後押しをするほか、商品が手に取られた時間帯や頻度などのマーケティングデータの収集も可能です(現在設置中)。第1弾の展開として8月21日から1カ月間、女性向けソックスやインナーを扱う「チュチュアンナ」の渋谷スペイン坂店に設置されています。

NFC(近距離無線通信)技術

リアルでの体験を手軽にFacebook上で共有できる「リアルいいね!」

photo

 「リアルいいね!」は、Facebookなどのアカウント情報を登録したICタグを、NFC(近距離無線通信)技術を使ったリーダーで読み取ることで、ソーシャルメディア上に情報を配信する仕組みです。2012年2月に実施された化粧品会社レブロンの80周年記念イベントでは、8日間の開催期間中、約685回のタッチ数(いいね! 数)で、なんと約22万7000人以上に拡散されたそうです。目的に応じてユーザーインターフェイスや配信情報を工夫することで、イベントなどへの集客のほか、店頭の商品に「リアルいいね!」をした顧客にクーポンを配信したり、リコメンド商品の情報を配信してECサイトへ誘導するなど、リアルとネットの間で、情報や行動が行き来するような流れを作り出すことができます。

加速度センサー

スマホを振るだけでコンテンツが取得できる「grabee」(グラビー)

photo

 サービスに対応した店舗/駅のポスターの前やイベント会場などで、専用アプリを起動し、スマートフォンを「振る」ことで、クーポン/楽曲/ゲーム/スタンプラリーなど、様々なコンテンツを取得することができます。複雑な手順を経ずに「振る」という簡単な動作をコンテンツ取得のきっかけとすることにより、外出先からネット情報をよりスムーズに入手することが可能です。

 企業は、専用アプリを起動中のスマートフォンユーザーに向けて、「日時」「場所」「ユーザーの性/年齢などの属性」などを指定してさまざまなコンテンツタイプの情報を配信することができ、実施した施策の効果も検証できます。

AR(Augmented Reality=拡張現実)

スマートフォン画面の中から飛び出すリーボック史上最小のセールスマン「Mr.ハンソック」

photo

 リーボックジャパンは、AR(拡張現実)技術を活用したプロモーションを全国の販売店舗で開始。スマートフォンでアプリをダウンロードして起動させ、全国の販売店舗に設置されたAR専用マーカーにカメラをかざすと、オリジナルキャラクター「Mr.ハンソック」が画面上に現れ、ユーモアたっぷりに商品の魅力やテクノロジーの秘密を紹介します。

Perfumeの新曲に合わせてキャラクターがキラキラ踊りだす「氷結AR 缶」

photo

 期間限定デザイン缶に印刷されたARマーカーに、専用アプリをダウンロードしたスマートフォンをかざすと、氷結AR缶の周りにPerfumeの3人が現れて「Hurly Burly」に合わせて踊る映像を見られます。スマートフォンで見た映像はSNSへ投稿することもでき、リアルな購買からソーシャルメディアへの情報拡散を促す連動型プロモーションとなっています。

ジオフェンシング

入店を自動的に関知し、ポイントを付与する「スマポ」

photo

 「スマポ」は超音波による来店検知技術を活用し、ダウンロードしたユーザーがスマポ加盟企業の店舗に入ると自動的にポイントが得られたり、何らかのインセンティブが得られたりするスマートフォンアプリです。訪問回数に応じて無駄なくインセンティブ費用をかけることができるほか、ユーザー属性に応じたターゲティングができることから、その人に合ったコンテンツの表示やサービスの提供が可能になっています。2011年9月に東京都内の「ビックカメラ」と「大丸」で導入され、マルイ、ユナイテッドアローズなど関東を中心にサービス展開が進んでいますが、付与されるポイントが共通のため、企業間/店舗間送客による新規来店に効果が現れているそうです。

音声認識技術(フィンガープリントマッチング技術)

音声認識技術をつかったCMコンテンツ連動型スマートフォンアプリ「コカ・コーラ ゼロ Wild Health Challenge」

photo

 「コカ・コーラ ゼロ Wild Health Challenge」(iPhone/Android対応)は、音声認識技術(フィンガープリントマッチング技術)を活用した“CMコンテンツ連動型スマートフォンアプリ”です。CMが放送されたタイミングで、アプリを起動したスマートフォンを画面に近付けて音声を認識させると、「コカ・コーラ ゼロ」オリジナルのゲームに参加することができます。TVCMとスマートフォンをつなぐアイディアとして、今後O2Oへの応用も予想される他、音声だけでなく画像認識技術の活用も楽しみです。また、同様の仕組みをデジタルサイネージに活用したらどうか……様々な可能性を感じさせてくれる企画ではないでしょうか?

 いかがでしたか? スマートフォンと新しい技術によって、ネットとリアルがシームレスに連携することで、企業のプロモーションにはますます新たな可能性が広がっています。

 特に近距離無線通信NFC (Near Field Communication) は、大型のリーダーが不要で、チップが低コストなため、柔軟性が高く、決済システムだけでなく、新しい発想の使われ方が期待されています。噂されている次期iPhoneへの搭載が実現すると、日本でも一気に普及が進むと思われますが、NFCタグでありとあらゆるものがつながるようになると、人々のライフスタイルがさらに大きく変化することでしょう。消費活動や経済構造が劇的に変わることで、「広告」や「マーケティング」も新たな局面を迎えるかもしれません。新技術を知ることで、来るべき「変化」の時代に備えるヒントを考えてみてはいかがでしょうか?

※この記事はソーシャルメディアマーケティングラボの「NFC、AR、音声認識など新技術を活用したプロモーション事例7選」の原稿を一部修正して転載しています。


COPYRIGHT(C) 2015 ALLIED ARCHITECTS ALL RIGHTS RESERVED.


news015.jpg
スマートフォンアプリ広告の新潮流 後編:

侯 明昊 2016年5月19日

【連載】営業の生産性を向上させる「インサイドセールス」活用術 第1回:

岩永信義 2016年5月17日

B2B営業を成果につなぐブランド戦略:

山口義宏 2016年5月16日

【連載】インターネットマーケティングの次世代KPI 第1回:

太田 滋 2016年5月10日

【連載】次世代エンタテインメントマーケティング 第3回:

高野修平 2016年5月2日

news029.jpg
【連載】Google アナリティクス360スイート完全攻略 第1回:

野口竜司 2016年5月24日

非利用者も約半数が「興味あり」:

 2016年4月22日

【連載】初めての競合分析 第1回:

山屋 豪 2016年4月14日

【連載】ソーシャルゲームに学ぶ「攻め」のデータ分析 第2回:

伊藤 学 2016年4月13日

クラウドサービスとパッケージで:

織茂洋介 2016年3月31日

news028.jpg
【連載】“0円”から始めるマーケティングオートメーション 第2回:

永井俊輔 2016年5月18日

クラウド化が進むコンタクトセンターソリューション市場:

 2016年5月13日

「テラスモール湘南」実証実験をレポート:

織茂洋介 2016年5月4日

スマートフォンアプリ広告の新潮流(中編):

侯 明昊 2016年4月28日

news058.jpg
【連載】インターネット時代の企業PR 第43回:

細川一成 2016年5月20日

週刊「調査のチカラ」:

やまもとはるみ 2016年5月7日

【連載】インターネット時代の企業PR 第42回:

細川一成 2016年4月18日

“Facebookファースト”で考える(後編):

佐藤俊介 2016年3月25日

“Facebookファースト”で考える(前編):

佐藤俊介 2016年3月24日

news014.jpg
【連載】データと調査で“愛されWeb”を作る 第1回:

太田文明 2016年5月9日

「Adobe Marketing Cloud Customer Experience Forum 2016」レポート:

織茂洋介 2016年5月6日

【連載】オウンドメディアで企業のブランド価値を高める 第5回:

後藤 洋 2016年4月5日

トライベック・ブランド戦略研究所が調査:

 2016年3月18日

【連載】オウンドメディアで企業のブランド価値を高める 第4回:

後藤 洋 2016年2月4日

Loading

「ITmedia マーケティング」購読一覧