調査リポート
» 2019年03月15日 11時00分 公開

今日のリサーチ:日本人のデジタルコンテンツ消費に関する5つのトレンド――アドビ システムズ調査

日本人のデジタルコンテンツ消費に関する5つのトレンドとは。

[ITmedia マーケティング]

 アドビ システムズは、調査会社Advanisに委託して米国、オーストラリア、インド、日本の4カ国で実施した消費者のコンテンツに関する意識調査「2019 Adobe Consumer Content Survey」の結果を基に、日本人のデジタルコンテンツ消費に関する以下の5つのトレンドを発表しました(日本の調査結果は1004人の回答に基づく)。

  1. 日本の消費者がデジタルコンテンツに費やす時間は1日平均4.8時間
  2. 日本の消費者は質の低い体験に不寛容
  3. 日本の消費者は、実店舗よりYahoo!ショッピングや楽天などの「オンラインショッピングサイト」を利用
  4. ブランド企業は不快にさせない程度にパーソナライズしたコンテンツの提供が必要
  5. ほとんどの消費者が依然としてソーシャルメディアを信頼

企業サイトでの不愉快な体験で4人中3人が購買せず

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading