ニュース
» 2018年10月31日 18時00分 公開

スマートテレビ視聴データを利用:GfKジャパン、テレビCMの販売効果分析サービスを開始

GfKジャパンは、インターネットに接続されたスマートテレビの視聴ログを利用した「GfK TVCM販売効果分析サービス」の提供を開始した。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

CM | GfK | スマートテレビ


 ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン(以下、GfKジャパン)は、インターネットに接続されたスマートテレビの視聴ログ(全国のテレビ約60万台から取得)を利用した「GfK TVCM販売効果分析サービス」の提供を開始した。

 同社が保有する家電製品を中心とした販売実績(POS)データと、CM視聴ログやシーズナリティなどのデータを掛け合わせることにより、テレビCMが実売にどの程度寄与したかを日次ベースで測定。地区別や販路(店頭、インターネット)別の販売実績データを利用することで、CM放送地区に限定した販売効果や、店頭、ネットそれぞれの販売効果の分析も可能となる。第三者の視点で精度の高い分析を行い、「認知・好意度は上がったが、売上には貢献していないのではないか」といった広告出稿企業の疑問や課題を解決し、テレビCMの販売効果向上を支援する。

GfK TVCM販売効果分析サービス《クリックで拡大》

 スマートテレビ視聴データの内容は以下の通り。

 ・番組視聴データ:東名阪キー局の地デジ放送だけでなく、全国ローカル局及びBS、CS放送の番組視聴データを対象としています。秒単位で視聴データの推移を確認でき、番組間の流入流出状況を把握することも可能。

 ・CM視聴データ:東名阪のキー局および準キー局の地デジ放送を対象としています。局別・番組別の視聴状況を把握することが可能。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading