特集
» 2018年06月05日 23時30分 公開

フィードからショッピングへシームレスな体験を提供:Instagramが日本でもショッピング機能を搭載、その活用法と期待される効果は? (1/2)

「Instagram」にショッピング機能が追加され、ビジネス用途がさらに広がった。

[鈴木朋子,ITmedia マーケティング]

 Facebook傘下のInstagramは2018年6月5日、写真共有SNS「Instagram」のフィード投稿から商品を購入できる「ショッピング機能」を日本国内で開始。東京都内で記者発表会を実施した。

 ショッピング機能は、企業やブランドが運営するビジネスアカウントがフィードに投稿する画像に、商品名や価格が記載されるタグを付けることができるようにするもの。ユーザーがそれをタップすることで、製品の購入に誘導することができる。

 ブランディングからコンバージョンまで、これまでもマーケティングファネルの各フェーズをカバーしてきたInstagramが、購入という最も肝心なポイントを押さえにきたといえそうだ。

ショッピング機能の概要

 Instagramにおけるショッピングは、フィードに流れてきた投稿の左下に表示されるボタンをタップすることから始まる。ボタンをタップすると、商品の名称や価格が画像上にタグとして表示され、そのタグをタップするとさらに詳しい情報を見られる。「購入する」ボタンをタップすれば外部のECサイトへと遷移するという仕組みだ。

 また、ビジネスプロフィールの「ショップ」ボタンをタップすることによって、カタログのように商品一覧を見ることもできる。

フィード投稿のショッピングアイコンをタップ(左)すると商品にタグが表示される(右)《クリックで拡大》
タグをタップすると商品の詳細情報ページを見られる(左)。「購入する」ボタンをタップすると外部ECサイトへ移動(右)《クリックで拡大》
ビジネスプロフィールからカタログのように商品を参照することもできる《クリックで拡大》
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading