ニュース
» 2015年06月03日 08時00分 UPDATE

オンラインから実店舗に誘導:DMPとO2Oでスマホ向け位置情報連動型サービス、京セラコミュニケーションシステムとアイリッジが提供

京セラコミュニケーションシステム(以下、KCCS)とアイリッジは、デジタルマーケティング分野で業務提携したことを発表した。

[ITmedia マーケティング]

 KCCSは広告配信サービス「KANADE DSP」や、データマネジメントプラットフォーム「Rocket Fuel Origin DMP」などのデジタルマーケティングサービスを提供している。一方、アイリッジはスマートフォンのGPS/Wi-Fi/iBeacon(Bluetooth)からの位置情報を基にユーザーにメッセージをプッシュ通知できるO2O ソリューション「popinfo(ポップインフォ)」を提供している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by