ニュース
» 2014年07月01日 08時00分 UPDATE

【連載】IOT(Internet of Things)時代のブランドエクスペリエンス:第3回 ブランドデータを活用したブランドエクスペリエンス (1/4)

前回は“さわれるブランドエクスペリエンス”が生活者に及ぼす影響の大きさを解説しました。では、“さわれるブランドエクスペリエンス”はどうすれば実現できるのでしょうか? 今回はブランドエクスペリエンスにおけるデータサイエンス領域にポイントを絞ってお話をさせていただきます。

[神谷憲司,スパイスボックス]

データの可視化と共有

 前回は「さわれるデジタルの到来」(第2回 “さわれるデジタル”の到来)といったテーマでお話をさせていただきました。今回は、「さわれるデジタル」なブランドエクスペリエンスを作る際にも重要となってくるデータサイエンス領域のお話をさせていただきたいと思います。

 生活者にブランドや商品の持つ本質的な価値をより効果的に伝えるために、データをさまざまな形で可視化、共有していくような事例がみられるようになってきました。理解しやすいようグラフィカルな処理をするだけでなく、データを公開して誰でも活用可能にすることで、二次創作が生まれたりしています。また、さまざまなデータやインターフェース技術が組み合わさることで、より大きな体験が生み出される事例も増えてきています。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by