ニュース
» 2014年06月19日 08時00分 UPDATE

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:第20回 An evolving species ――ウェアラブルで身体を拡張する (1/2)

ウェアラブル・デバイスは、今後大きなシェアを占めてくるであろう。言い換えると、当面のデジタルトレンドの主流は、スマートフォンとBluetoothを介して接続されるウェアラブルデバイスだということだ。今回はこのウェアラブル・デバイスについて考察する。

[馬渕邦美,オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン]

 Appleの新しいウォッチ発売の噂、iPhoneのiOSの新機能としての健康管理アプリ「Healthbook」やGoogleグラスの発売など、この数年でウェアラブル・デバイスの進化が進み、2014年はさまざまなニュースが日々登場するようになった。

 現在、インターネットに常時接続するデバイスは、90億個から120億個と言われる。そして2020年までにはさらに飛躍的に成長して、300億個から500億個にまで拡大することが予測されている。これは、Internet of Things(IoT)と言われる新たなインターネットの進化で、“あらゆるモノをインターネットを通じて接続させ、モニタリングやコントロールを可能にする”というコンセプトで語られている。

 これらのデバイスの中でウェアラブル・デバイスは、今後大きなシェアを占めてくるであろう。言い換えると、当面のデジタルトレンドの主流は、スマートフォンとBluetoothを介して接続されるウェアラブル・デバイスだということだ。今回はこのウェアラブル・デバイスについて考察する。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading

「ITmedia マーケティング」購読一覧