ニュース
» 2014年05月21日 08時05分 UPDATE

グロースハック進化論:グロースハックというポストモダンなアイデア

六本木ミッドタウンホールで開催された「Ad Engineering Summit 2014」(主催:サイバーエージェント)に「グロースハック進化論」という興味深いパネルディスカッションがありました。パネラーとして登壇したのは現在グロースハッカーとして売り出し中の面々です。グロースハッカーとして紹介されたパネラーの方々がグロースハックという言葉の定義にとても気を使っていたのが印象的でした。

[谷古宇浩司,ITmedia マーケティング]
aes01.jpg (左から)KAIZEN platform Co-founder CEO 須藤憲司氏、pLucky CEO & Founder 林宣宏氏、InnoBeta 代表取締役社長 平石大祐氏、VASILY グロースハッカー 梶谷健人氏

 Wikipedia の「Growth hacking」に関する項目を読むと、Growth hacking とは、スタートアップ企業群によって磨き上げられたマーケティングテクニックだとされています。Facebook、Twitter、LinkedInといった伝説的な(かつての)スタートアップ企業は、自ら開発したサービスを成長軌道に乗せるため、実にさまざまな施策を考案し、実装を繰り返してきたわけですが、その際、彼らが重視したのは、サービスの成長を示唆する指標をいかにして計測可能な数値に置き換え、実装できるレベルにまで具体化するかでした。2000年代のはじめ頃から蓄積されてきたこのようなデジタルマーケティングの膨大なノウハウが整理され、「グロースハック」という名が付けられたことで、IT系スタートアップ企業を中心に、デジタルマーケティングの1つのトレンドが生まれました。そして、日本においても、パネルディスカッションのテーマとして取り上げられるほどの存在感を見せるようになったわけです。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by