ニュース
» 2013年04月12日 07時48分 UPDATE

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:第9回 モノSNSに再燃の予感? SNS成熟期ならではのPinterest活用キャンペーン

“再燃の予感”を感じさせるモノSNS「Pinterest」をこれまでとは異なる今の機運にあわせて活用した美容/ヘルスケアブランド「gud」の事例を紹介する。そこから見えてくる今の若者のSNSとの付き合い方とは?

[岡徳之,Noriyuki Oka Tokyo]

 国内では勃興期であったといえるであろう一昨年頃に注目を集め、その後台頭してきたといえるほどでもないが、熱心なファンをつかんで離さなかった“モノSNS”に筆者は再燃の予感を感じている。

 海外では圧倒的に『Pinterest』、国内では『Sumally』あたりが知られているだろうか。自分が気に入ったモノの画像をフォローし合っているユーザー同士で共有するサービスのことだ。当時は二番煎じが林立し、業界内で一気に食傷感が充満した印象を覚えている。

oka09_01.png モノSNSの代表格「Pinterest」。ユーザー数は5000万人を超えている

Facebook人気からの“揺り戻し”? モノSNS再燃の仮説

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading