D2C R、広告運用分析・レポーティングに特化した「Looker Studio」のダッシュボードを提供開始マーケティング状況の可視化とスムーズなPDCAをサポート

広告主は専門知識を必要とするダッシュボードの構築をせずとも、前日までの広告実績をいつでも手元で確認・分析することが可能になった。

» 2024年04月10日 17時00分 公開
[ITmedia マーケティング]

 D2C Rは、デジタル広告における運用、分析、レポーティングの高度化を目的として、Googleが提供する「Looker Studio」のダッシュボードを独自にカスタマイズし、広告配信を依頼する企業向けに提供開始した。

あらためて「Looker Studio」とは?

 Looker Studioは、「BigQuery」などのデータソースから数値をビジュアライズすることができるGoogleのBIツール。デジタル広告では多数のプラットフォームを活用するため、これまでローデータによる分析作業やデータの煩雑化が課題となっていた。また、それらを一元管理するダッシュボードの構築にはAPI活用など高度なエンジニアリングやカスタマイズが必要となる。D2C Rでは、広告主企業のマーケティング状況の可視化とスムーズなPDCAをサポートするため、デジタル広告における運用、分析、レポーティングに特化したダッシュボードを独自に開発・カスタマイズし、提供することとした。

 D2C Rのダッシュボードは主要広告媒体(Google、Yahoo!、Metaなど)とGoogle アナリティクス 4(GA4)に対応し、広告主のKPIに合わせた成果指標をレポーティングする。広告実績をダッシュボードで一元管理でき、キャンペーン別/広告グループ別などさまざまな角度から、前日までの広告実績をいつでも確認することが可能になった。

ダッシュボードのイメージ(画像提供:D2C R)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.