Z世代のInstagram利用動向から見る2023年のトレンド今日のリサーチ

Instagramは2023年のトレンドを振り返る企画として、「Instagram発!国内Z世代のトレンドレポート 2023年 総集編」を発表しました。

» 2023年12月24日 11時00分 公開
[ITmedia マーケティング]

 Instagramは2023年のトレンドを振り返る企画として「Instagram発!国内Z世代のトレンドレポート 2023年 総集編」を発表しました。ここではZ世代(13〜25歳)のうち18〜25歳の国内Instagram利用者のデータを基に、1年を通して特に人気だった検索キーワードやハッシュタグ、楽曲などの傾向をまとめています(直近1カ月に利用したもので、前月と比較して特に伸びたものを2023年4月上旬から12月上旬まで集計し、その結果から一部のデータや傾向を抜粋)。また、リアルなZ世代の声として、SHIBUYA109エンタテイメントの若者マーケティングチームSHIBUYA109 lab.トレンド部メンバーのコメントも紹介しています。

検索ワード:季節イベントに関心大、桜で有名なあの川が人気

 年間を通した伸び率および検索された回数のいずれも、ハロウィーンやクリスマス、母の日などの季節イベントに関するキーワードが上位を占めました。

 旅行・お出かけ関連は桜で有名な「目黒川」、紅葉が目当ての「イチョウ並木」など、四季を感じられる場所へ足を運んでいる様子がうかがえます。検索回数上位に「韓国旅行」がランクインしているものの、トレンドとしては国内や近場が人気のようです。

 ネイルは季節イベントを取り入れた「秋ネイル」「クリスマスネイル」などで検索されることが多く、ファッションは「カーディガンコーデ」「トラックジャケット」などアイテム名もしくは「コーデ」を足して、具体的な着こなし方を調べるZ世代が多い模様です。

人気の検索キーワード(画像提供:Instagram、以下同)

ARカメラエフェクト:「顔隠し」&「シンプル」が人気

 Z世代にとって「ストーリーズ」や「リール」を投稿する際に欠かせないARカメラエフェクト。年間を通して利用が伸びたARカメラエフェクトを見てみると、コロナ禍で長い間マスクの着用が当たり前だったことが影響しているのか、顔が盛れていないときでも気軽に使えるからか、「★☆somsom☆★」のようにマスクで口元を隠したり顔全体を隠したりするようなデザインが複数ランクインしました。

 利用回数が多いエフェクトは、シンプルなキラキラ系や、キラキラに可愛い猫やクマなどを組み合わせて顔が盛れるものが人気。。アイドルやキャラクター、アニメなど、ファンが作った非公式のデザインも多くランクインしており、推し活の一環としてエフェクトを楽しんでいるZ世代が多いことがうかがえます。

人気のARカメラエフェクト

「リール」で使われた楽曲:YOASOBIが大人気

 年間を通した伸び率、使われた回数、いずれにおいても上位になったのはConton Candyの「ファジーネーブル」、YOASOBIの「アイドル」、シャイトープの「ランデヴー」の3曲でした。

 伸び率ではNitecoreの「Heartbeat」やCharlie Puthの「I Don’t Think That I Like Her」、使われた回数ではJung Kookの「Seven (feat. Latto)」やAKMUの「Love Lee」など韓国勢が上位にランクイン。アーティスト別では「ユートピア」「Nagisa」「Analog Life」のimase、「ASAP」「Cool with You」「Get Up」のNew Jeans、「アイドル」「アドベンチャー」のYOASOBI、「セプテンバーさん」「花火大会」のRADWIMPSは複数曲がランクインしています。

「リール」で使われた人気楽曲

ハッシュタグ:エンタメ関連が数多くラインクイン

 ジャンル別では季節イベントや旅行・お出かけに関するハッシュタグが多いのは検索キーワードと同じ。検索ワードと異なる傾向としては、ファッション関連が少なく、エンタメ関連が非常に多い点です。具体的には、乃木坂46の「#齋藤飛鳥卒業コンサート」、SnowManのドームツアー「#snowman1stdometour2023idome」など、人気グループのコンサート名や、「#rockinjapan」「#summersonic」などのフェスが数多くランクインしました。旅行・お出かけ系では「#桜スポット」「#GW旅行」などに加えて、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのハロウィンイベント「#ホラーナイト」や、東京ディズニーランドの「#disneychristmas」なども人気。スポーツ関連として「#wbc2023」「#秋季キャンプ」など野球に関するハッシュタグもランクインしました。

人気のハッシュタグ

SHIBUYA109lab. 所長 長田麻衣氏コメント

 SHIBUYA109lab. 所長の長田麻衣氏は全体を振り返り、以下のようにコメントしています。

今年はコロナ5類引き下げにより外出が活発化し、シーズンイベントを含め様々なオフライン体験が楽しまれました。記録的猛暑により、暑さが落ち着く夜の時間の行動が増えたことも今年の特徴の一つです。『SHIBUYA109 lab.トレンド大賞2023』で「夜カフェ」がランクインしていることや、『SHIBUYA109 lab.トレンド予測2024』で「クラブ」が入っていることからも、ナイトアクティビティへの注目は今後も高まると予測しています。

一方、Z世代は顔にフォーカスしすぎない「雰囲気映え」を楽しんでおり、ARカメラエフェクトのトレンドにその実態が表れています。人気の検索キーワードでは「秋ネイル」がピックアップされていますが、『SHIBUYA109 lab.トレンド大賞2023』のコスメ・スキンケア部門にも「チークネイル」や「落書きネイル」などのネイルに関する項目が数多くノミネートされており、ネイルも「雰囲気映え」の要素の一つとして楽しまれていると分析しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.