ニュース
» 2012年12月17日 11時49分 公開

【連載】ビッグデータアナリティクス時代のデジタルマーケティング:第5回 増え続ける情報とどう向き合うか――「代官山 蔦屋書店」が目指す未来の本屋 (2/2)

[大元隆志,伊藤忠テクノソリューションズ]
前のページへ 1|2       

接客時間を創出するためのIT

 書店の従業員は多忙である。新刊の棚出し、会計、書籍の整理、棚卸しといった作業に大半の時間が割かれてしまう。しかし、店の価値を追求するには、「接客」が中心の店作りをするべきなのかもしれない。そのため、「代官山 蔦屋書店」では従業員が接客の仕事に注力できるよう最先端のIT活用が行われている。

RFIDによる在庫管理

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading