ニュース
» 2018年08月21日 18時00分 公開

嗜好性の高いオーディエンスに質の高いメディアでアプローチ:「PIA DMP」、CCIが提供する「BEYOND X PMP」へのデータ提供を開始

ぴあデジタルコミュニケーションズは、同社が提供するDMPサービス「PIA DMP」がサイバー・コミュニケーションズ(CCI)の広告マーケティングソリューション「BEYOND XPMP」との連携を開始したと発表した。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

広告 | ぴあ | CCI | マーケティング


 ぴあデジタルコミュニケーションズは、同社が提供するDMPサービス「PIA DMP」がサイバー・コミュニケーションズ(CCI)の広告マーケティングソリューション「BEYOND XPMP」との連携を開始したと発表した。

 PIA DMPは「チケットぴあ」約1700万人(2018年3月末時点)の会員データ、年間7000万枚を超えるチケット購入データ・購入プロセスデータ、アーティスト/ジャンル嗜好データなど、熱狂するファンのリアル行動データ、位置データ、嗜好性データを格納。また、『ウレぴあ総研』『ぴあ映画生活』などのメディアを通じて蓄積した嗜好性の高いオーディエンスデータや、第三者のサービス・アプリなどから得られたオーディエンスデータを保有する。

 BEYOND X PMPは、CCIがリクルーティングしたプレミアムメディアに対してさまざまなデータやソリューションを活用し広告主のマーケティング課題を解決する、ブランドセーフな広告商品。

 今回、両者が連携することにより、PIA DMPが保有するオーディエンスセグメントを活用し、BEYOND X PMPが保有するプレミアムメディアへ広告を掲載することが可能になる。

 同時にPIA DMPが保有するオーディエンスセグメントをCCIのデータエクスチェンジサービス「PrediX」と連携し、広告主のブランド・取り扱い商材と関連するオーディエンスに高い精度でリーチすることで、効果的なブランド認知、サイト集客を支援する。

連携の全体像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading