連載
» 2015年06月18日 08時00分 UPDATE

【連載】誰も教えてくれなかったCCCM導入にまつわる「お金の話」 第3回:予算超過で青ざめる前に押さえておきたい、CCCM導入実装コストの変動要素

前回はクロスチャネル・キャンペーンマネジメント(CCCM)のライセンス費用について説明しました。今回はライセンス契約後、導入実装までに必要となるコストについて、詳しく見ていきましょう。

[大倉智子,ディレクタス]

 クロスチャネル・キャンペーンマネジメント(CCCM)導入実装のコストは、主に施策の本数や複雑さ(自動実行施策の本数や複雑さ、メッセージの本数、データ加工の複雑さ)、データ連係の複雑さ(データ連係元システムの種類、データ連係方法の複雑さ)、テストの実施方法などによって変動します。そしてCCCMの設計・設定に掛かる費用だけではなく、連係する周辺システム側の作業や開発費も必要になります。

 これらの詳細は導入前の検討の段階では明らかになっていないため、実装作業に入る前に要件定義の工程の中で、作業範囲や内容を具体化させ見極める必要があります。そして、要件定義後にあらためて詳細費用を見積もって実装を発注するという2段階の工程を踏むのです。裏を返せば、導入実装費用を変動させる主な要素については、要件定義の工程で洗い出さなければならないともいえます。

 では実装費用は何によって変動するのでしょうか。まずは、CCCM導入の実装の流れに沿って、各工程のコストを変動させる要素を詳しく説明していきます。

実装費用の5大要素

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by