ニュース
» 2015年01月16日 08時00分 UPDATE

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:第51回 2014年にNike+を使って走った距離、ニューヨークのランナーは地球76周分!

ナイキが昨年末(2014年末)、「Nike+」を利用する北米のユーザー10万名にあるアニメーションの「動画」を贈った。そのストーリーは、視聴するユーザーによって異なるものだった。果たしてどのような仕掛けだったのか――。

[岡徳之,Noriyuki Oka Tokyo]

oka51_01.jpg ナイキ「Outdo you with Nike+」

 米ナイキは昨年末(2014年)、同社が提供するプラットフォーム「Nike+」を利用する北米のユーザー10万名に、個人にカスタマイズされたアニメーションの動画を贈った。

 この動画には、データのビジュアライゼーションの必要が盛んに叫ばれる現代において、「データを使って行動を起こさないのであれば、そのデータは何の意味も持たない」というナイキのアスリートに対するメッセージが込められている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading

「ITmedia マーケティング」購読一覧