ニュース
» 2014年06月26日 15時40分 UPDATE

グローバルエンタテイメント&メディア アウトルック 2014〜2018:変わり続ける広告市場――インターネット広告収入がテレビ広告収入を追い抜くのはいつか?

PwCによると、2009年はテレビ広告収入がインターネット広告収入の2倍だったが、2018年にはインターネット広告収入とテレビ広告収入の差はわずか200億米ドルまで縮まるという。

[ITmedia マーケティング]

 PwCが6月3日に発表した「グローバルエンタテイメント&メディア アウトルック 2014〜2018」によると、2013年から2018年までのデジタルサービス分野のエンタテイメント&メディア(以下、E&M)業界における消費者支出と広告収入は、総計で年間平均成長率(以下、CAGR)12.2%の成長を示し、世界全体のE&M業界における消費者支出ならびに広告収入(ただし、インターネットアクセス分野における消費者支出を除く)の伸びの65%を占めると予想されるという。特に、広告収入がけん引役となっており、2018年には、広告収入全体の33%をデジタル広告が占めると予想される。一方、消費者支出に占めるデジタル支出の割合は17%にとどまる見通しだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by