ニュース
» 2014年03月31日 15時11分 UPDATE

米国で面白い動き:オラクルによるBlueKai買収のインパクト――動き出すマーケティングオートメーション市場

マーケティングオートメーション市場の動きが活発だ。米Marketoが日本法人を設立、米オラクルがBlueKaiを買収した。現状と今後について、市場の状況をまとめた。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 3月25日、マーケティングオートメーションの大手である米Marketoが日本法人を設立した。マーケティングオートメーションは、見込み顧客から営業案件に至るまでのプロセスの中で、適切なタイミングで適切なキャンペーンやコンテンツを配信することで顧客を育て、長期的なリレーションシップを築いていくソリューションであり、日本国内ではすでにEloqua(日本オラクル)という競合がいる。ただしMerketoは、マーケティングソリューションに強みを持つ電通イーマーケティングワンと、セールスフォース・ドットコムの立ち上げなど多くの実績を持つサンブリッジコーポレーションが控えており、日本市場が急激に伸びていくことは間違いないだろう。

news20140331_02.jpg

 そんなマーケティングオートメーション市場だが、米国で面白い動きがある。実は米オラクルは今年(2014年)2月下旬、世界数億人のインターネットのアクティブユーザーのプロファイルデータを保有しているBlueKaiを4億ドルで買収したことを発表した。この買収はマーケティングオートメーション市場にどのようなインパクトを与えるのだろうか。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading

「ITmedia マーケティング」購読一覧