ニュース
» 2013年09月06日 09時48分 UPDATE

動画広告とプログラマティック・マーケティング:動画広告がテレビCMを凌駕する日

リアルタイム入札(RTB)やリターゲティング、レコメンデーションといった「プログラマティック・マーケティング(programmatic marketing)」技術が動画広告の普及を後押しする。動画広告の現状と今後を追った。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 今、米国で注目されている広告手法がある。それが動画広告だ。テレビCMをそのままネット用の動画に置き換えたものからネット独自のコンテンツまで、その内容はさまざまだ。最近はインタラクティブ動画も人気で、視聴しているユーザーのクリックによってストーリーや動きが変わるというものもある。

 2013年9月2日にClickZ.comに掲載された“The State of Video Advertising”(「動画広告の状況」)によると、「インターネットユーザーの80%は、過去1カ月間に視聴した動画を覚えている」とし、さらに46%のユーザーが「広告視聴後に何らかのアクションを取った」と回答しているそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by