ニュース
» 2013年02月14日 19時30分 UPDATE

オフラインからオンラインへ送客:NFC搭載のスマートフォンを活用したリワード広告を開発、サイバーエージェント、CAリワード、凸版印刷

サイバーエージェントとCAリワード、凸版印刷は、リアルな店舗からアプリのダウンロードを促す「リアル・リワード広告」を開発した。2013年2月12日より実証実験を開始している。

[ITmedia マーケティング]
ameba.jpg

 リアル・リワード広告は、オンライン上で指定のアクションを行うとインセンティブが付与される「リワード広告」と、オフラインの実店舗での消費者行動を連動させた広告である。具体的には、消費者がNFC搭載のスマートフォンを店舗内に設置されたNFCタグ付きのポスターにかざすと、対象アプリをダウンロードでき、さらにアプリのダウンロードに対するインセンティブとして、店舗内で利用できるクーポンなどを消費者に付与するというものだ。

 リアル・リワード広告において、アプリ提供企業はリアル店舗からオンラインへ送客することで新たなユーザーの獲得を促し、プロモーションを実施する店舗は、リアル店舗で利用可能なクーポンなどのインセンティブを付与することができる。プロモーションを通じ、アプリ提供企業はリアル・リワード広告経由でのアプリダウンロード数やダウンロードされた場所を把握でき、プロモーション実施店舗はクーポン発行枚数、クーポン利用者数データの取得が可能となる。「アプリのダウンロード促進や店舗の改善、来店施策などに生かすことができる」と、サイバーエージェントはアピールする。

 リアル・リワード広告の実証実験は2月12日から3月12日までの1カ月間、都内のアミューズメント施設で実施する。店舗で「Ameba」が提供する学園カードゲーム「ガールフレンド(仮)」のアプリをダウンロードすると、クーポンを取得するチャンスがあるクジに参加できる。

 サイバーエージェントが、NFC搭載スマートフォンを活用したプロモーション/マーケティング企画を立案し、CAリワードがリワード広告に関する技術を提供した。NFC関連の技術提供は凸版印刷が担当している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading