ニュース
» 2012年12月06日 08時13分 UPDATE

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:第1回 コカ・コーラ グローバルサイト刷新に見る、企業の“メディア化”

tadashikuの岡徳之氏がちょっと気になるWebキャンペーンを紹介します。第1回はCoca-Cola Journey。“コーポレートサイト”から“デジタルマガジン”へと姿を変えたその中身とは?

[岡徳之,tadashiku]

 デジタルマーケティング領域でも世界中の事業会社を牽引する、世界的な飲料メーカーのコカ・コーラがグローバルサイトを刷新した。新しいサイトの名称は、「Coca-Cola Journey」。その名から想起されるかもしれないが、グローバルサイトは、 “コーポレートサイト”から“デジタルマガジン”へと姿を変えた。その中身を見ていこう。

oka01_01.jpg Coca-Cola Journey

 サイトを訪れると、グローバルナビには「STORIES」「OPINIONS」「BRANDS」「VIDEOS」「BLOGS」と並ぶ。「STORIES」では、コカ・コーラがスポンサードするアスリートの活躍や同社のCSR活動に関するドリュメンタリー、「OPINIONS」では彼らによる寄稿コラムなどが公開されている。

 例えば「STORIES」の中では、同社の “5by20 initiative”プログラムを通じて、ケニアのAlice Kariukiさんがマンゴー農家として軌道に乗るまでのサクセスストーリーが語られており、同社が世界中の機関と連係して女性の起業/社会進出をサポートしようとする姿勢、実績が見て取れる。ここまでコカ・コーラの商品の魅力を訴求するようなコンテンツはほとんど見受けられない。

 「BRANDS」のページもユニークだ。訪れると、“Sprite”“Fanta”など同社が展開するブランドロゴが並ぶ。ここまでは、よくあるコーポレートサイトと変わらないのだが、下にスクロールしていくと各ブランドのソーシャルメディアアカウントでの投稿内容が、PinterestライクなUIで並ぶ。商品のスペックではなく、画像や動画を中心に活用し、その世界観を伝えているのだ。

oka01_02.jpg 各ブランドのソーシャルメディアアカウントでの投稿内容がPinterestライクなUIで並ぶ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading