ビービット、FPTジャパンホールディングスと共同で生成AI活用PoCを支援する高速・低価格パッケージを提供開始UX重視の生成AI活用支援

生成AI活用アイデアの実現性や有用性を迅速に検証し、サービスの方向性・実装を判断することが可能になる。

» 2024年05月14日 07時00分 公開
[ITmedia マーケティング]

 ビービットは、ベトナムIT大手のFPT Software日本法人FPTジャパンホールディングス(以下、FPTジャパン)と共同で、生成AI活用のクイックPoC(概念実証)支援サービスを提供開始した。

 日本における生成AIはこれまで社内業務での活用にとどまるケースが多く、UX(ユーザー体験)がシビアに評価される顧客向けサービスなどでの実践例は少なかった。新サービスでは両社がこれまで個別案件において生成AI活用の連携支援を行ってきた背景を踏まえ、ビービットの「UX向上の専門性」とFPTジャパンの「高度な技術力」を生かし、グローバル視点での規制対応やAI活用動向の把握、DX・顧客体験戦略の更新検討、アイデアの迅速な具現化・検証などに課題を持つ企業を支援する。

共同提供サービスの概要

 支援内容は以下の通り。

  • 生成AI活用アイデアをクイックに具現化・検証し、改善方向性とアクションをフィードバック
  • 4週間を基本パッケージとして、以下のステップで支援を行う。
    • 生成AI活用の考え方に関するセッション
    • 活用アイデアのレビューとアイディエーション
    • 簡易開発と検証
    • 示唆とアクションの整理
  • 各企業の関心・懸念事項に対応し、下記事項を評価
    • 体験としての品質を検証するユーザ受容性評価
    • 多数あるAIモデルから最適なモデルを選択するテクニカル評価
    • 電力消費量・カーボン排出量などのサステナビリティ評価
    • 個社ごとのデータ保有・利用可能状況に合わせたフィジビリティ評価

 価格は360万円(税抜)より。上記のたボトムアップアプローチに加え、戦略策定からサービス設計、サービス実装・検証、運用改善までの一貫した支援も可能。一連のプロセスを「エクスペリエンス」「テクノロジー」「ビジネス」の3つの観点から検討・検証し続けることで、ユーザ体験とビジネス成果、双方の向上を実現する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.