コネクティ、「CONNECTY CDP」にアンケートとレポート機能を追加顧客データの一元管理と可視化を実現

コネクティは、データ統合マーケティングツール「CONNECTY CDP」において、顧客の行動・感情・思考・意思決定などの把握に有効なアンケートとレポートの機能を公開した。

» 2024年05月16日 11時00分 公開
[ITmedia マーケティング]

 国産クラウドCMSとCDPを基盤に大企業のデジタルマーケティングを支援するコネクティは、データ統合マーケティングツール「CONNECTY CDP」において、顧客の行動や感情、思考、意思決定などの把握に有効なアンケートとレポート機能を公開した。この新機能により、ユーザーの顧客エンゲージメント向上を目指し、パーソナライズされた顧客体験の提供とビジネスの継続的な成長を支援する。

「CONNECTY CDP」新機能の概要

 CONNECTY CDPは、企業内に散在する顧客データを集約し、統合するプラットフォームだ。これらの顧客データを分類し、行動、業種、位置、購買履歴・頻度、興味関心、年齢などから特性や傾向を分析することで、顧客に効果的な手段を提供する。また、マーケティングオートメーション(MA)や顧客関係管理システム(CRM)などと連携してパーソナライズ施策を実行し、顧客エンゲージメントの向上が期待できる。新機能の概要は以下の通り。

  • アンケート機能:Webサイト訪問者の行動や感情、思考、意思決定などを探るのに有効なアンケートを作成・実施できる機能を実装。配信条件・アンケート項目・デザインなどを、管理画面を見ながら設定し、アンケートを簡単に作成できる。
  • アンケートレポート機能:実施したアンケート結果を画面上で視覚的に確認できるため、PDCA(計画、実行、評価、改善)のサイクルをすばやく回せるようになる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.