ニュース
» 2012年10月31日 20時03分 UPDATE

ヤフー、広告の第三者配信を開始:ヤフーとMediaMind Technologiesがデジタルキャンペーン管理で提携

ヤフーとMediaMind Technologies(以下、MediaMind)は10月31日、 ディスプレイ広告及びビデオ広告領域での業務提携に合意したと発表した。

[谷古宇浩司,ITmedia マーケティング]

 この提携に先立ちヤフーでは友澤大輔氏を室長とするマーケティングイノベーション室(YMO:Yahoo! Marketing innovation Office)を設立し、同社のマーケティング事業の刷新を計画していた。

yahoo01.jpg 米DGのCEO Neil Nguyen氏(真ん中)とヤフー代表取締役社長の宮坂学氏(右端):MediaMind TechnologiesはDGの傘下企業

 その刷新計画によると、リスティング広告は新たに「プロモーション広告」と名称を変え、“ユーザーの行動を促す広告”と新たに定義し直す。商品ラインアップは検索連動型広告とインタレストマッチ広告という2本柱であることに変わりはないが、CPCのみだった効果計測指標にCPMを追加し、さらに、PC中心だったメディアメニューにスマートフォンを追加するなどの改良を加える。さらにクリエイティブについても、テキスト広告に加え、イメージと映像の展開を可能にする。これらの刷新に伴い、アドネックワークの名称を「YDN」(Yahoo! JAPAN Display Network)に変更する。今後は、検索、ニュース、イベント、買い物……といった(これまで活用していなかった)同社のインハウスデータを分析し、マッチングの精度向上に反映させていく考えだ。2013年1月末にスタート予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading

「ITmedia マーケティング」購読一覧