ニュース
» 2012年10月31日 14時16分 UPDATE

ad:tech tokyo 2012 レポート:CEOがマーケターを信用しない理由――ad:tech tokyo 2012 オープニングキーノート:米Adobe SystemsのScott Harris氏

ad:tech tokyo 2012 2日目のオープニングキーノートに登壇したのは米Adobe SystemsのScott Harris氏(Director of Demand Generation)。トレードマークのボウタイがおしゃれなHarris氏のプレゼンテーマは「Marketing in the Digital Age: Things that Marketers should Change Now」だった。

[谷古宇浩司,ITmedia マーケティング]

 ad:techの基調をなすテーマの1つに「変化」が挙げられる。デジタル時代を生きるマーケターに、現在の考え方あるいは仕事の仕方の再定義を促しながら、同時に新しいコンセプトを提案すること。それはHarris氏に限らず、セッションを受け持つほぼすべてのプレゼンターが行うことだ。その中でもHarris氏のメッセージはad:tech tokyo 2012というイベントのキーとなるものであり、多くのマーケターにとってはいっそう重く受け止めるに値する内容となる。「Marketing in the Digital Age: Things that Marketers should Change Now」というタイトルに託してHarris氏が提出したのは、マーケティングに対する認識の変化である。つまり、「マーケティングなんて、空論だ。 〜もちろん、真実は違います〜」という本イベントでのアドビ システムズのテーマを補強するプレゼンテーションでもあり、多くのマーケターが希求するテーマでもある。

adobe01.jpg 米Adobe Systems Scott Harris氏(Director of Demand Generation)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading

「ITmedia マーケティング」購読一覧