調査リポート
» 2022年03月08日 11時00分 公開

「サステナブル消費」に関する意識で日本と世界に大きなギャップ――トランスコスモス調査今日のリサーチ

世界のオンラインショッピング利用動向はどうなっているのでしょうか。「サステナブル消費」や「越境EC」「ライブコマース」などについて8都市の消費者に聞いています。

[ITmedia マーケティング]

 トランスコスモスは、「世界8都市オンラインショッピング利用調査2022」の結果を発表しました。同調査はアジアのオンラインショッピングの利用実態と越境ECへの関心を探ることを目的として2018年より毎年実施してきた「アジア10都市オンラインショッピング利用調査」の設問を継承し、これまでの調査対象から5都市(東京、上海、ムンバイ、バンコク、ジャカルタ)を残した上で新たにソウル、ニューヨーク、ロンドンを加えた世界8都市を対象としています。8都市におけるオンラインショッピング利用者2560人(各都市320人)に現地語で「サステナブル消費」や「越境EC」「ライブコマース」などの利用実態について聞いています。

東京の消費者はそもそも「サステナブル消費」とは何かを知らない?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.