調査リポート
» 2021年04月30日 19時00分 公開

コロナ禍1年「収束しても現在の生活を維持したい」が56.3%――博報堂生活総合研究所調査今日のリサーチ

コロナ禍になって約1年経過したところで、生活者が「新たに気づいたこと」や「現在の生活スタイルの維持意向」などを聞いています。

[ITmedia マーケティング]

 博報堂生活総合研究所は2020年4月から毎月「新型コロナウイルスに関する生活者調査」を実施しています。2021年4月調査では追加項目として、コロナ禍になって約1年経過したところで、生活者が「新たに気づいたこと」や「現在の生活スタイルの維持意向」などを聞きました。調査期間は4月1〜5日、対象は首都圏、名古屋圏、阪神圏の20〜69歳の男女1500人です。

 「現在の生活スタイルを維持したいか(新型コロナウイルスへの感染懸念がなくなった前提で)」と聞いたところ、「そう思う」と答えた人は56.3%(※)と半数を超えました。回答理由(自由回答の集計)では、「時間の無駄削減や自己管理できるから」とのメリットを挙げる声が最も多くなっています。年代別では、20代と30代では「時間の無駄削減や自己管理ができるから」「快適/健康的なリズムで生活できるから」などを挙げる人が多く、60代では「コロナに限らず感染が不安で対策が必要だから」が多くなっています。

※調査では小数第2位まで集計しているが図では小数第1位まで(小数第2位を四捨五入)を表示しているため、合計値が見た目の数値と異なる場合がある。

この1年で「風邪や病気にかかりにくくなった」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.