特集
» 2020年07月30日 12時00分 公開

Adobe Experience Cloud事業責任者が語る:ベールを脱いだAdobeの「ヘッドレスサービス戦略」とは? (1/2)

Adobeがデジタルトランスフォーメーション(DX)支援の中核製品と位置付けるAdobe Experience Cloudは、企業にどんな価値を提供するのか。事業責任者へのグループ取材で明らかになった今後の戦略を解説する。

[冨永裕子,ITmedia マーケティング]

 アドビは、2020年7月22日、米Adobeでデジタルエクスペリエンス事業責任者を務めるアニール・チャクラヴァーシー氏の記者向けオンラインミーティングを開催した。本稿ではここで得られた「Adobe Experience Cloud」に関する最新情報とAdobeの今後の戦略について解説する。

Adobe デジタルエクスペリエンス事業部門担当エグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー アニール・チャクラヴァーシー氏

3層アーキテクチャで可能になったサービス指向の機能提供

 Adobe入社以前のチャクラヴァーシー氏は、データマネジメント製品ベンダーの老舗InformaticaのCEOとして、ビジネスモデルと組織の変革をリードした実績がある。現在はAdobe Experience Cloudのビジネス戦略、製品マネジメント、エンジニアリング及びマーケティングをリードする。

 チャクラヴァーシー氏は2020年3月にオンラインで行われたAdobeの年次カンファレンス「Adobe Summit 2020」に登壇した際、今後のAdobe Experience Cloudの製品の方向性を左右する重要な発表を行っている(関連記事)。以下、簡単におさらいしておきたい。

 Adobeが提唱するCXM(Customer Experience Management:顧客体験管理)をサポートするAdobe Experience Cloudの傘下には「Adobe Analytics」「Adobe Target」「Adobe Experience Manager」「Adobe Campaign」「Marketo Engage」など個別のアプリケーションが並ぶ、これらは日本でも利用企業が多い。これまで各製品はAdobe Experience Platform上で動く構造であったが、2020年はプラットフォームとアプリケーションの間に「サービス」レイヤーが挟まる3層構造に変わった。

3層構造になったAdobe Experience Cloud(出典:Adobe)

 アプリケーションレイヤーの各製品は、それぞれが単体でもベストインクラスのCXM機能を提供しているが、今後の製品戦略では「『サービス』としてマイクロサービス型のアーキテクチャで機能を提供していく」とチャクラヴァーシー氏は明かした。

 マイクロサービスとは、個別に開発した小さなサービスをAPIで組み合わせ、一つのサービスとして提供するものである。こうすることで、Adobeのアプリケーション機能同士を組み合わせ、Adobe Experience Platform上で稼働する「アプリケーションサービス」として顧客に提供できるようになる。さらに、他社のアプリケーションと連携させての拡張も可能になる。

 Adobe Summitでは、顧客データプロファイルの管理を簡素化する「Real-Time Customer Data Platform(CDP)」、オムニチャネルでの顧客インサイトをリアルタイムに提供する「Customer Journey Analytics」、チャネル横断型の顧客インタラクションを自動化する「Journey Orchestration」という3つのアプリケーションサービスが紹介されたが、この3つのアプリケーションサービスは。日本でも2020年7月29日に提供を開始している。

これからの機能強化の方向性としては、アプリメーションサービスがさらに充実していくことになりそうだ。加えて、インテリジェントサービスも同様の戦略での拡充を計画している。AI(人工知能)と機械学習のフレームワークである「Adobe Sensei」で開発してきた機能をアプリケーションサービスと連携させ、サービスとして顧客に提供するのだ。

チャクラヴァーシー氏はアプリケーションから分離したサービスとして提供するという意味で、この戦略を「ヘッドレスサービス」と呼んだ。今までのAdobe Experience Cloudはクラウドアプリケーションとして提供されていたものの、「アプリケーションスイート」に近かった。マイクロサービス型アーキテクチャにシフトすることで、今後はより柔軟にかつ迅速に顧客が求めるCXM機能を提供していくことになる。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

システムメンテナンスのお知らせ

8月8日(土)10時30分〜16時30分の間、システムメンテナンスのため、会員限定記事の一部表示や資料(ブックレット、ホワイトペーパーなど)のダウンロードなどが正常にできなくなる可能性があります。ご不便をお掛けいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。