調査リポート
» 2020年06月08日 18時00分 公開

今日のリサーチ:「クックパッド」が知名度と利用率いずれもトップ――テスティーがレシピアプリに関する調査結果を発表

レシピアプリの中で保有者の多い上位6アプリについて10〜50代の男女2286人にNPS調査を実施すると、プラススコアを出したアプリは唯一「クックパッド」のみでした。

[ITmedia マーケティング]

 ネットリサーチ事業を手掛けるテスティーは、若年層を対象に調査した結果を発信する「TesTee Lab」において、10〜30代男女1637人を対象にしたレシピアプリに関する調査と、10〜50代男女2286人を対象にしたNPS(ネットプロモータースコア)調査を実施しました。 

 最初の調査でまず料理経験があるか尋ねたところ、「料理をする」と回答した人は10代で69.9%、20代で77.6%、30代で80.6%となりました。次に「料理をする」と回答した人を対象に、知っているレシピアプリとその中で一番利用しているレシピアプリを尋ねたところ「クックパッド」がいずれの年代においても第1位となりました。

20代に人気の「クラシル」「DELISH KITCHEN」

 認知率ではどの年代でもクックパッドが圧倒的ではあるものの、「クラシル」「DELISH KITCHEN」は20代における認知率が他年代より高い傾向があることが分かりました。

 続いて、レシピアプリの中で保有者の多い上位6アプリについてNPS調査を実施すると、やはりNPSが最も高いのはクックパッドで、5.3という結果となりました。6アプリ平均はマイナス20.2。プラススコアを出したアプリはクックパッドのみでした。クックパッドのNPSの結果は以下の通りです。

  • クックパッドのNPSの結果
  • 推奨者(9〜10点):34.1%
  • 中立者(7〜8点):37.1%
  • 批判者(0〜6点):28.8%

 推奨者からは投稿数の多さやコメント、ランキングなどの機能面で高い評価を得ているようです。さらに、NPS項目とは別に「使いやすさ」「コンテンツ量」など5項目について満足度を調べると、クックパッドは4項目において平均よりも数値が高くなっています。 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴う外出自粛期間が長くなり、「巣ごもり消費」が活発化しているといわれます。おうち時間で料理を楽しむ人に注目されるレシピサイトは、食関連の商材を扱う事業者にとっても、消費者と接触する場としてますます重要度を増しているのではないでしょうか。

「調査のチカラ」更新中

調査のチカラ

ITmedia マーケティングの姉妹サイト「調査のチカラ」には、さまざまなリサーチデータへのリンクがジャンル別にまとめられています。

調べたいことがあるときには検索を行うことで、簡単にたくさんの調査データへアクセスできるようになっています。

それぞれの調査データは、内容に応じたタグや関連調査データへのリンクが設けられているので、思わぬ発見も期待できるはずです。

収録されたデータは約10万件。資料作成や企画立案のための情報源として、ぜひご活用ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.