ニュース
» 2013年01月18日 08時40分 公開

【連載】ビッグデータアナリティクス時代のデジタルマーケティング:第6回 マーケティングはよりITの領域へ (2/2)

[大元隆志,伊藤忠テクノソリューションズ]
前のページへ 1|2       

2013年は社外のビッグデータ活用が鍵

 当たり障りのない予想だが、2013年はデータ活用の議論が盛んになる1年となるだろう。しかし、その活用について大多数の企業が目を向けるべきは、自社で保有しているデータだけではなく、外部に存在するビッグデータの活用に視点を移すべきではないか、という点だ。

 現在のビッグデータのトレンドはハードベンダーの動向がその中心にある。彼らは巨大なデータを保管し、処理する技術を製品化している。巨大データの扱いにおいてはHadoopなどの新技術が登場しているため、彼らにとってはビジネスチャンスでもあるし、顧客にとってもビジネス上、必要な技術である。売ろうとする側のシーズと必要する側のニーズがマッチしているため、ハードベンダーが作り出した現在のビッグデータトレンド自体に問題があるわけではない。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading