ニュース
» 2013年01月07日 08時00分 公開

第1回 「チキンラーメン ひよこちゃん」Facebookページの24万ファン数は多いか、少ないか【連載】高広伯彦が聞くソーシャルメディアとマーケティングの今後(2/2 ページ)

[高広伯彦(聞き手)、梅田カズヒコ(構成),ITmedia マーケティング]
前のページへ 1|2       

“ひよこちゃん”のNG基準は何か? キャラクターの管理について

高広 三宅さんの場合、マス広告などにも関わっていらっしゃったと思いますが、従来型のマーケティングコミュニケーションと「ここは違うな」と思ったこと、あるいは、ソーシャルメディア、例えばFacebookでの取り組みにおいて、一番驚かれたことはなんですか?

三宅 始めて間もないころに、新商品情報をストレートにつぶやいたら、そもそもFacebookページ自体の「いいね!」数も少なかったので、あまり反響はなかったんです。やっぱりFacebookは難しいなと思ったんですが、その翌日に、「ひよこちゃんが商品の告知をして疲れて寝ちゃった」という投稿を何気なくしてみたんです。

 寝かせると言っても、しっぽがあるから仰向けでは寝かせられないので、わざわざうつ伏せで寝かせました。すると、その投稿の反響がダントツで良かったんですよ。これで、「なるほどこういうことか」と思ったんですね。

「昨日はよく働いたので、今日はお休みをいただいています」(ひよこちゃん)

 企業のマスコットキャラクターをうつ伏せで寝かせることは、本来であれば企業のキャラクター管理としてはGOしづらいわけですよ。でも、ブランド管理をしている側の部署が運営をしているから、普段実施しないこともチャレンジしやすい。これはFacebookページの運営で重要な経験となりましたね。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.