調査リポート
» 2018年11月19日 11時00分 公開

今日のリサーチ:メルカリでの平均取引価格から算出した宅内の不要品の価値は推計37兆円――みんなのかくれ資産調査委員会調べ

金融、不動産に続く第3の資産、みなさんのご自宅にも眠っているのではないでしょうか。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

調査 | フリマアプリ | 家庭 | メルカリ


 日本の家庭に眠る不要品の有効活用について、さまざまな角度から検証・提案を行うみんなのかくれ資産委員会(アサツーディ・ケイと電通が設立したクリエイティブ集団のドリルが主体となり2018年9月に発足)では、ニッセイ基礎研究所の下、日本の一般家庭に眠る不要品の総量に関する調査を実施しました。

 調査は全国の10〜60代の男女2536人を対象に、自宅内の不要品(1年以上理由なく利用していないもの)を幾つ所有しているかを尋ね、「服飾雑貨」「書籍・CD・ゲーム」「美容・健康」「ホビー・レジャー」「家電・家具・雑貨」の5分類、43カテゴリーでデータを取得しました。さらに、フリマアプリ「メルカリ」を手掛けるメルカリよりデータ提供を受け、不要品の個数とフリマアプリでの平均売買価格を掛け合わせて、その総額を一般家庭の「かくれ資産」としています。調査の結果、国民1人当たりのかくれ資産は28万1277円でした。

自宅内に眠る不用品の価値は1年間のボーナスに匹敵する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading