ニュース
» 2018年09月03日 20時00分 公開

「Adobe Analytics」を活用:電通アイソバー、B2Bサイト特化のWeb行動データ分析サービスを提供

電通アイソバーは、アドビ システムズのデータ管理基盤である「Adobe Analytics」のB2Bサイトへの導入から運用・活用に特化した「Quick Win for Analytics BtoB」の提供を開始した。

[ITmedia マーケティング]

 電通アイソバーは、アドビ システムズのデジタルマーケティング関連製品群である「Adobe Experience Cloud」のデータ管理基盤「Adobe Analytics」を活用したWeb行動データ分析サービス「Quick Win for Analytics」のB2B版である「Quick Win for Analytics BtoB」を提供開始した。

 同サービスでは、特定コンテンツの閲覧やページ読了、リンククリックなどのアクションを「サービスの理解」や「製品の選定方法の把握」などのステップとして捉えてデータを取得し、そのステップごとにユーザーの行動をスコアリングすることで、関心度や理解度のレベルに応じた最適化施策の設計が可能になる。

 本格的なMAツールの導入に先んじて、既に取得できるWeb上のデータを活用することで、リード獲得のためのより効果的なデジタルマーケティング自動化へのシナリオ検証、策定をサポートする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading