ニュース
» 2018年03月16日 18時00分 公開

IoTデータとSalesforce CRMをローコードで連携:セールスフォース・ドットコム、「Salesforce IoT Explorer」を国内で本格提供開始

セールスフォース・ドットコムは、高度なコーディングを必要とすることなく、IoTデータとSalesforce CRMを短期間で連携する「Salesforce IoT Explorer」を国内で本格的に提供開始すると発表した。

[ITmedia マーケティング]

関連キーワード

IoT | Salesforce.com | CRM | Salesforce CRM


 セールスフォース・ドットコムは2018年3月15日、高度なコーディングを必要とすることなく、IoT(モノのインターネット)のデータとSalesforce CRMを短期間で連携する「Salesforce IoT Explorer(以下、IoT Explorer)」を国内で本格的に提供開始すると発表た。

 顧客体験の向上や業務効率化といった課題に向けて企業のIoT活用が進む中、IoTデバイスなどから集めた大量のデータを顧客とのエンゲージメント強化に向けて業務プロセスやサービスに活用するためには高度なコーディングが必要で、金銭的にも時間的にも大きなコストがかかっていた。

 IoT Explorerは、コーディングをあまり必要としないローコード(low code)による簡単な操作を提供するインタフェースを備え、ユーザーはポイント&クリックの操作のみで、任意のコネクテッドデバイス(インターネットに接続されたデバイス)に対するルールベースの自動化を実現することができる。

 例えば、製造会社の管理者は、工場のロボットがコンポーネント故障アラートを発したら、顧客へ直接連絡を入れるようカスタマーサービスに通知をするといったワークフローを簡単に構築ることができる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading