連載
» 2016年06月14日 07時00分 UPDATE

B2B営業を成果につなぐブランド戦略 最終回:ブランディングとセールスの連動、「CMO待望論」より必要なこと (1/2)

前回は、ブランディングとセールスの連動を阻む要因の構造をお伝えしてきましたが、最終回となる今回は、それを促す解決策となる取り組みについて説明していきます。

[山口義宏,インサイトフォース]

関連キーワード

ブランド戦略 | マーケティング | B2B


 これまで企業がブランディングとセールスの施策の連動が難しい構造を述べてきましたが、残念ながらこれらの解決に、魔法のつえのような秘策はありません。

 まずはそれぞれのKPIを測定し、ブランディングのセールスへの貢献を見える化していくこと。数値間の関係性を注意深く観察して売り上げやLTVという最終成果につながりやすい要素を特定し、部門をまたいだ関係者で定期的に共有すること。そして、再現可能な施策として反映させること。また、それぞれのKPIに個別最適化の弊害が大きい要素があれば、それも課題として共有し、解決に向けて留意していくこと。

 実に地道な話ですが、これこそが王道です。以下、もう少し詳しく説明します。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading