ニュース
» 2014年02月17日 15時36分 UPDATE

閲覧画像広告は効果絶大:コンテンツマーケティングは「イメージベースマーケティング」へ?

画像ベースのコンテンツマーケティングは、消費者、広告主、メディアの3者にとってWin-Winのエコシステムを築ける。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 リターゲティング広告(ディスプレイ広告)への投資が伸びているが、そうした状況に警鐘を鳴らす記事がClickZ.comに掲載された。それが2014年2月14日の“The Future Is Content Marketing Through Photos”(「将来は画像によるコンテンツマーケティングへ」)という記事だ。

 ビッグデータで広告パフォーマンスの詳細が把握できるようになったり、顧客の嗜好や閲覧履歴を基に最適な商品の広告を表示したりするのもいいが、本質的に人は広告にあふれた世界は好まない。特にリターゲティング広告に至っては、「気持ち悪い」「ウザい」と言われる始末だ。そのため、ディスプレイ広告のパフォーマンスは低下傾向にあるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by