ニュース
» 2013年12月02日 14時24分 UPDATE

クリスマス商戦本番!:4つの顧客タイプに応じたマーケティングアプローチとは

昔と違って一律に「バーゲンセール開催」と告知しても、効果的だとは限らない。予算や買い物の好みによって、購買者は大きく4つのタイプに分けられるという。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]
itmmarke131202_02.jpg

 今年のブラック・フライデーとなる11月29日から、米国では大規模なバーゲンが始まった。この日に合わせ、店舗やECサイトでは10月中からこぞってセール告知やキャンペーンに勤しんできた。ただ、昔と違って一律に「バーゲンセール開催」と告知しても、効果的だとは限らない。マーケティング調査会社のVision Criticalによると、予算や買い物の好みによって、購買者は大きく4つのタイプに分けられるという。

 2013年11月26日にBUSINESS NEWS DAILYに掲載された記事“4 Types of Holiday Shoppers and How to Market to Them”(「クリスマス買い物客の4つのタイプと、タイプ別売り込み法」)で、その4タイプを紹介している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading