ニュース
» 2013年11月14日 14時24分 UPDATE

市民の意見、市外の印象を分析:富士通、浜松市に「FUJITSU DataPlaza ソーシャルメディア分析ツール」を導入

全国の自治体に先駆け、ビッグデータを活用して市内外からの浜松市へ寄せる期待や思いを発掘し、民意に即した新しい総合計画を進めていく。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 富士通は11月13日、静岡県浜松市に「FUJITSU DataPlaza ソーシャルメディア分析ツール」を導入したことを発表した。これは浜松市が保有する過去の市民アンケートや市民インタビューなどのデータと、Facebook、Twitter、ブログなどのソーシャルメディア上のビッグデータを合わせて分析し、市民の潜在的な期待や問題意識、市内外から見た浜松市の印象を分析するもの。これにより浜松市は、「30年後の浜松市のあり方」を定める新しい総合計画を進めていくという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by

「ITmedia マーケティング」購読一覧