ニュース
» 2013年04月25日 08時29分 UPDATE

SNSのmixiがなぜ、今、DSPなのか:世界を狙えるビジネスに――ミクシィ、DSP参入の勝算

SNS「mixi」を運営するミクシィが、DSP事業に参入した。特徴は、mixi IDを使った精度の高いターゲティング。DMPと統合したDSPとして、海外進出も見込む。

[岡田有花,ITmedia マーケティング]

 SNS「mixi」を運営するミクシィがこのほど、オンライン広告取引プラットフォーム(DSP)事業に参入した。mixi IDのユーザーデータを生かし、高精度にターゲティングできるDSP「Vantage」を構築。1インプレッション単位で広告枠を競争入札するRTB(Real Time Bidding)機能も備え、広告主のプロモーションに適した最適なメディアに配信するとうたう。

 配信先はmixi内にとどまらない。配信先のSSP(Supply Side Platform)として、ユナイテッドのスマートフォン特化型広告配信SSP「AdStir」(アドステア)を採用。月間インプレッションが100億を超えるという国内最大級のプラットフォームに、mixiのユーザーデータをいかしたターゲティング広告を配信できる仕組みだ。

mixi01.jpg

 将来的に目指すのは、広告主各社が持つさまざまなデータとDSPを掛け合わせ、最適な広告配信を行うデータマネジメントプラットフォーム(DMP)の提供だ。mixi IDにとどまらず、各社がオウンドメディアやソーシャルメディアなどで蓄積してきたユーザーデータとDSPを融合。目的に応じた広告配信が可能なビッグデータのマネジメントプラットフォームを提供していきたい考えだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by