ニュース
» 2012年11月13日 13時15分 UPDATE

Webユーザービリティランキング2012<企業サイト編>:使いやすいサイト1位はNTTドコモ、トライベック・ストラテジー評価

トライベック・ストラテジー(以下トライベック)は11月13日、「主要企業Webユーザビリティランキング2012<企業サイト編>」を発表した。ランキング1位は「NTTドコモ」。

[ITmedia マーケティング]

 トライベックではNTTドコモによる1位獲得の要因を「増え続ける製品や複雑化するユーザーニーズを正確に捉え、適切な誘導が実現できている」点とし、特に、トップページの使い勝手の良さを高く評価した。

 業種別では、1位「IT/情報通信」、2位「保険/クレジット」、3位「医薬品」、4位「食品/飲料/生活用品」という結果となった。前回調査と比較して、「保険/クレジット」や「食品/飲料/生活用品」の順位が上がった一方、「総合電機/エレクトロニクス」「商社/流通/小売」といった業種が順位を下げた。

今回のランキングから分かるオウンドメディアの潮流

  • 今回の評価対象企業150社のうち、68社(全体の45%)がフルリニューアル、または一部リニューアルを実施していた
  • スマートフォン(iPhone、Android携帯)、タブレット端末(iPadなど)すべてに最適化したサイトで情報発信をしていた企業は全体の39%(前年比2倍超の伸び)だった
  • ソーシャルメディアの活用に加え、自社サイトから適切に誘導できているとトライベックが判断した企業は全体の28%に留まった。とはいえ、昨年と比較して1.5%の伸びだった

調査概要

 調査実施期間は2012年8月中旬から10月下旬。

 15業界、主要企業150サイトが評価対象。対象業界は「電力/ガス/エネルギー」「鉄道/運輸」「建設/不動産」「鉄鋼/金属/材料」「化学/繊維」「機械/部品メーカー」「自動車/自動二輪」「精密機器/電子部品」「食品/飲料/生活用品」「医薬品」「商社/流通/小売」「金融/証券」「IT/情報通信」「総合電機/エレクトロニクス」「保険/クレジット」。

 「アクセス性」「サイト全体の明快性」「ナビゲーションの使いやすさ」「コンテンツの適切性」「ヘルプ/安全性」の5評価軸、全97項目について評価を実施した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading