「推し活」で人生はどう変わる?――楽天インサイトが「推し活に関する調査」の結果を発表今日のリサーチ

好きな有名人やキャラクターなどを応援する活動である「推し活」が盛り上がっています。

» 2023年11月24日 12時00分 公開
[ITmedia マーケティング]

 楽天インサイトは、同社の登録モニター(約220万人)の中から推し活をしている全国の20〜69歳の男女1000人を対象に実施した「推し活に関する調査」結果を発表しました 推し活をしている人に「推し」のジャンルを聞いたところ、「国内のアイドル」(32.4%)と回答した人が最も多く、「ミュージシャン・バンド」(24.9%)、「漫画・アニメのキャラクター」(18.1%)と言う結果になりました。男女別では女性が「国内のアイドル」(34.3%)、「ミュージシャン・バンド」(26.8%)、「K-POPアイドル」(17.2%)の順で多くなりました。男性は「国内のアイドル」(29.6%)、「ミュージシャン・バンド」「スポーツ選手」(いずれも22.2%)という結果でした。年代別では20代は「国内のアイドル」(41.4%)と「漫画・アニメのキャラクター」(23.4%)が全体より5ポイント以上高く、50代・60代は「ミュージシャン・バンド」(50代 34.2%、60代 33.8%)が全体より約10ポイント高くなりました。また、60代では「俳優・女優・モデル・タレント」(27.7%)、「スポーツ選手」(26.2%)が全体より10ポイント以上高い一方、「漫画・アニメのキャラクター」(1.5%)が全体より16ポイント以上低くなりました。

「推し」のジャンル(n=1000:全員回答。複数回答可で単位は%)

男女別、年代別、ジャンル別で「推し活」はどう違う?

 「推し活」として行っていることを聞いたところ、「動画コンテンツを見る」(68.8%)、「テレビ番組を見る」(61.4%)、「SNSをチェックする」(58.3%)が半数以上となりました。年代別では、20代は「グッズを購入する」(53.1%)、30代は「動画コンテンツを見る」(75.9%)、「SNSをチェックする」(64.5%)が全体と比較して5ポイント以上高くなりました。一方、50代・60代は「テレビ番組を見る」(50代:67.8%、60代:68.5%)、「コンサート・ライブ(現地)に参加する」(50代:52.1%、60代:56.2%)が全体より5ポイント以上高く、「SNSをチェックする」(50代:52.7%、60代:45.4%)、「グッズを購入する」(50代:40.4%、60代:40.8%)は全体より5ポイント以上低い結果となりました。ジャンル別でみると、漫画・アニメ・ゲームのキャラクターでは「グッズを購入する」(漫画・アニメのキャラクター:68.0%、ゲームのキャラクター:69.2%)が全体に比べ20ポイント以上高くなっています。

「推し活」として行っていること(n=1000:全員回答。複数回答可で単位は%)

 推し活に使っている年間の金額を聞いたところ、「5000円未満」(22.3%)が最も高く、次いで「5000〜1万円未満」(14.2%)、「1万〜2万円未満」(12.8%)という結果となりました。

1年間で「推し活」に使っている金額(n=1000:全員回答。単一回答で単位は円)

 推し活をしていることをオープンにしているか聞いたところ、「オープンにしている(隠していない)」は74.2%で、「推し活」を周囲に共有している人が多いことが分かりました。男女別でみると、「オープンにしている(隠していない)」と回答した人は女性で77.8%、男性で69.0%と8ポイント以上の差があります。推しのジャンル別でみると、「スポーツ選手」では「オープンにしている(隠していない)」が81.1%と高い一方、「VTuber・ボーカロイド」「ゲームのキャラクター」では「オープンにしていない(隠している)」(VTuber・ボーカロイド:36.8%、ゲームのキャラクター:35.9%)が3割半ばでした。

「推し活」をオープンにしているか(n=1000:全員回答。単一回答)

 推し活で人生が変わったか聞いたところ、「良い方向に変わった」と回答した人が63.7%で、「悪い方向に変わった」はわずか2.0%でした。男女別では「良い方向に変わった」が女性69.0%に対して男性55.9%と、男性よりも女性が13ポイント以上高い結果となりました。ジャンル別でみると、「VTuber・ボーカロイド」(73.7%)、「国内のアイドル」(73.1%)、「K-POPアイドル」(72.9%)、「声優」(70.2%)は「良い方向に変わった」が7割以上でした。 

「推し活」で人生が変わったか(n=1000:全員回答。単一回答)

 推し活を通して得られたことを聞いたところ、「気持ちが前向きになった」と回答した人が57.8%で最も多く、「やるべきことへの活力を持つことができた」(34.4%)、「ストレスを感じることが減った」(31.9%)などが続きました。

「推し活」を通して得たこと(n=1000:全員回答。単一回答)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.